学生ローンの審査基準はやさしい?消費者金融と学生ローンの比較!

広告



バレない

学生ローンの審査基準はやさしいと言われますが、実際のところどうなのでしょうか?大手消費者金融と審査基準を比較して、学生ローンが本当に審査基準がやさしいのか調査をしてみます!

広告

◆学生ローンの審査基準は本当にやさしいのか?

学生ローンの審査基準は本当にやさしいのか

学生ローンの審査はやさしいとよく聞きますね。実際、学生ローンの審査はやさしく、銀行はもちろん、大手消費者金融よりも通過しやすいと言われています。ここでは学生ローンの審査基準はやさしいのか、検証してみました。

学生ローンの利用条件から見る審査基準

学生ローンの審査基準は本当にやさしいのか?実際に学生ローンの利用条件を参考して、審査基準を見ていきましょう。

ここで学生ローンの参考として、学生ローンの「イー・キャンパス」で検証してみます。

【学生ローンのイー・キャンパス利用条件】

融資金額 1万円~80万円
金利 実質年率14.50%~16.50%
利用条件 満20歳以上の全国の学生
融資受付時間 WEB申し込みなら24時間
利用時に必要なもの ①学生証

②本人確認証

(保険証・免許証など)

③銀行のキャッシュカード

即日融資 可能
審査時間 最短30分

学生ローンの「イー・キャンパス」の利用条件を詳しく見ていきましょう。

まずは融資上限ですが、「1万円~80万円まで」となっています。学生ローンは消費者金融に分類されるので、総量規制の対象となります。総量規制とは、年収の1/3以上の借り入れはできないように定めた金融法です。はじめての申し込みの際には、融資上限20万円までと考えておきましょう。

次に金利は「実質年率14.50%~16.50%」とあります。金利の変動幅は、融資金額やキャンペーン適用によって金利が変わることを指しています。後述しますが、学生ローンの「イー・キャンパス」は、アコムやレイクなどの大手消費者金融よりも、金利が低いことが特徴です。

利用条件は、「満20歳以上の全国の学生」とあります。高校を卒業し、大学や専門学校などの学生であれば、全国どこからでも融資を受けられます。スマホやパソコンがあれば、WEBで申し込みから借り入れまでできます。収入状況などは審査に含まれていませんね。

最も注目したいのが、利用時に必要なものです。学生ローンの「イー・キャンパス」では、審査の際に学生証と本人確認証が必要です。多くの学生ローンは、本人確認が完了すれば審査も通過します。しっかりと学生という身分を提示して、本人確認ができれば、審査で心配することはないでしょう。銀行のキャッシュカードは、即日融資を受ける際に借入金を振り込んでもらう口座を提出するために使用します。直接、審査には影響しません。

審査時間は驚異の30分です。銀行ローンでは、最短でも3営業日はかかるところ、学生ローンでは、休み時間の間に審査が完了してしまいます。その理由は、本人確認をして、信用情報データベースを参照すれば、審査が完了するからです。

学生ローンの審査は、信用情報データベースで金融取引内容を参照することがほとんどです。過去に金融事故を起こしたり、返済が滞った経験がなければ審査に落ちることも少ないでしょう。

以上を総括すると、

学生ローンは審査内容が少なく、基準も非常にやさしく設定されています。

過去にローンで失敗したことや、現在滞っているローンがなければ、問題なく審査は通過するでしょう。

大手消費者金融よりも審査基準がやさしいことが判明!

次にアコムやレイクなどの大手消費者金融と、審査基準の比較をしてみましょう。

ここでは大手消費者金融の代表として、アコムの利用条件を見てみます。

【アコムの利用条件】

融資上限 1万円~800万円
金利 実質年率3.00%~18.00%
利用条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
在籍確認 申し込みに記入した職場へ、電話での在籍確認あり
申し込みの際に必要なもの ①写真付きの本人確認証

②住民票

③収入証明書

アコムの融資上限は「1万円~800万円まで」とあります。アコムはもちろん消費者金融なので、総量規制の対象になります。年収の1/3を超える融資は行っていません。また学生であれば、審査の段階で融資上限金を20万円程度に設定されます。融資金額は学生ローンと一緒ですね。

金利は「実質年率3.00%~18.00%」とあります。イー・キャンパス同様、アコムでも金利に幅がありますね。これは融資金額によって、金利も変動することを表しています。

もし学生が20万円の融資を受けた際に適用される金利は18.00%です。学生ローンの「イー・キャンパス」の金利は最大16.50%でした。実は学生ローンのほうが、大手消費者金融よりも低金利でお金を借りられるのです。

次に利用条件を見てみましょう。アコムは「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とあります。安定収入とは、新卒1年目の月収と考えると良いでしょう。大学生には月収20万円も稼いでいる人はいません。アコムの利用条件でははじかれてしまう可能性もあります。

また「当社基準を満たす方」というのが非常にネックです。アコムの基準は社外に公表されていないので、誰にも分りません。分かることは、アコムは株式会社という点です。

株式会社は株主のために、利益を追求することが最大の目標です。つまりアコムは利益追及が最大の目標です。融資をしたのなら、返済金で利益を上乗せしなければなりません。

学生が利用できる融資金額は極めて少なく、利益となる利息分も少なくなります。

アコムにとって、学生はあまり良い顧客ではありません。当然、審査基準も厳しくなるのが現状です。

大手消費者金融よりも、学生ローンの方が審査がやさしいです。

学生ローンの審査基準がやさしい理由

大手消費者金融よりも、学生ローンの方が審査基準がやさしいことが分かりました。しかし学生ローンの審査基準がやさしい理由とは、何のでしょうか?

①学生という身分が高い保証力を持っている

融資を受ける際には、本人確認が必要です。本人確認の際に、職業が身分の証明になります。

学生であれば、学生という肩書が身分となります。実はこの学生というのが、非常に高い身分の証明となるのです。

一般的に大学は、中小企業よりも規模が大きいです。規模が大きい学校に所属しているということは、それだけ身分が保証された事業所に所属しているのと、同じ扱いを受けるのです。

身分の保証がはっきりしているので、審査基準がやさしくなるのですね。

②学生は法律で守られている

学生は大人ですが、法律ではまだ社会人にはなっていません。

当然、法律でも学生は守られていて、クーリングオフや過払い金の請求でも、学生は優遇されます。

手厚い保護を受けている存在なので、金融機関もあまり高い基準を求めていないのです。

③融資金額が少ない

学生ローンの審査基準がやさしい一番の理由は、学生ローンの融資金額が少ないという点です。

学生ローンの融資金額の上限は50万円がほとんど。新規申し込みの際には、20万円からスタートするのが一般的です。

融資金額が少ないほどに、貸し倒れのリスクが少なく、審査基準も高く設定する必要もないのです。

◆学生ローンの審査を有利にすすめる方法

消費者金融よりも、学生ローンの方が審査基準がやさしいことが分かりました。では学生ローンで、審査を融資にすすめる方法を見ていきましょう。即日融資を受ける際の注意点もご紹介するので、申し込みの前に読んでおくと良いでしょう。

学生証と本人確認書を忘れない

学生ローンの申し込みには、学生証と本人確認書が欠かせません。

この2つが揃わないと、学生ローンの申し込みができません。申し込みの際には、しっかりと学生証本人確認証を用意しておきましょう。

万が一学生証が手元にない場合は、在学証明書でも代用できます。学生証を紛失した場合や、まだ発行されていない場合は、学校の教務課などに行って、在学証明書を発行してもらうようにしましょう。

WEBでの申し込みが便利

学生ローンの申し込みには、WEB申し込みが便利です。

スマホかパソコンがあれば、WEBだけで申し込みから融資まで一括で行えるので、忙しい時でも即日融資が可能です。

WEB申し込みであれば、学生ローンの店舗に足を運ぶ必要がなく、全国どこからでも融資を受けられます。万が一必要書類が揃っていなくても、出直す必要がなく、自宅や学校、アルバイト先でも、合間に融資を受けられます。

店舗に行くと、窓口が込み合っていて、待たされる可能性がある上に、立て込んでいると審査をあいまいにしてしまう可能性があります。しっかりと審査をして、確実に融資を受けるためにはWEB申し込みが良いでしょう。

学生ローンは利用がバレないのか?

学生ローンを利用する際に、ローンの利用がバレるか不安ですよね。

学生ローンであれば、ローン利用が周囲にバレることはありません

多くの消費者金融では、審査の段階でアルバイト先に在籍確認の電話をします。多くのローン利用者は、ここでローン利用が怪しまれてしまいます。

しかし学生ローンには、在籍確認の電話がありません。アルバイト先にローン利用を怪しまれる心配もありませんね。

さらにローン専用のキャッシュカードを送られてくる場合も、学生ローンであれば個人名義で郵送してきます。決してローン専用のキャッシュカードが届いたとは、誰も思いません。

さらにバレない対策をしたいのであれば、WEB申し込みが良いでしょう。WEB申し込みなら、店舗に行く必要がなく、利用がバレる可能性も極めて低くなります。

ローン利用が絶対にバレないのであれば、しっかり申し込み情報を記入できますし、仮に本人確認の電話が来ても、堂々と対応できますね。しっかりと質問に答えられれば、審査にも通過しやすくなるので、有利にすすめることができますよ。

まとめ

学生ローンの審査基準は、大手消費者金融よりもやさしいです。さらに金利が低く、返済額も節約できるので、非常に使い勝手のよいローンです。審査の際には、必要書類を忘れずに用意しましょう。本人確認ができれば、そうそう審査に引っかかることはないでしょう。

審査を有利に進めたいのであれば、WEB申し込みが便利です。全国どこからでも申し込めるうえに、即日融資にも最適。もし即日融資を考えているのであれば、WEBから申し込むようにしましょう。