学生ローンは審査が甘い?ローン初心者でも簡単に借りられる方法を伝授!

広告



学生ローンは審査が甘いのでしょうか?銀行系、信販系、消費者金融と審査基準を比較して、学生ローンが審査が甘いのか検証してみます。またここではローン初心者の方が簡単に融資を受けられる方法をご紹介します。

広告

◆学生ローンの審査は消費者金融よりも甘い

学生ローンの審査は、アコムやレイク、プロミスといった大手消費者金融よりも甘いことで有名です。では実際はどのように審査基準が甘いのでしょうか?ご紹介します。

①各種ローンの審査難易度ランキングで最も甘いのが学生ローン

日本にはローンとして、お金を借りられる金融機関が多くあります。金融機関によって、融資限度額や金利、借入方法が変わります。ここでは金融機関ごとに、審査難易度をご紹介します。


●審査難易度最高ランクは銀行系ローン

住宅ローンやカーローンなど、バラエティ豊かなローン商品を運営しているのが銀行です。一般的に銀行系ローンは、金利が安く最も返済額を節約できます。しかしその分だけ審査も厳しく、勤務歴10年以上のサラリーマンでも審査を通過することは並大抵のことではありません。よく「銀行はお金のなる人に融資する」と揶揄されますが、あながち間違いではありません。銀行系ローンは非常にメリットが大きいですが、審査難易度は最高ランク学生で通過できる可能性はほぼないと考えて良いでしょう。

 

信販系金融機関はクレジットカードの履歴が重要

銀行系ローンの次に審査難易度が高いのが、信販系金融機関が発行するローン商品です。信販系金融機関とは、クレジットカードを発行する会社のことです。信販系金融機関の審査基準は、クレジットカードが作れるか否かです。

クレジットカードの発行はそうそう難しくはありません。最も低いランクのカードであれば、学生ならたいてい作ることができます。しかし信販系金融機関のローン商品は、多くの金融情報を保有し、審査の際にはそれらをくまなくチェックします。ですので、過去に携帯電話の料金を払い忘れたり、クレジットカードの引き落としができなかったと通知が来た人は、審査に落ちる可能性が高いです。

信販系ローンは、作るのはそこまで難しくないですが、過去の失敗をいつまでも参照する傾向にあります。審査に自信がない場合は、信販系ローンは向いてないでしょう。

 消費者金融系カードローンは金利が高い

審査面で考えると、アコムやレイク、プロミスといった大手消費者金融を利用しようと考える人が多いでしょう。確かに銀行系や信販系と呼ばれる金融機関が発行するローン商品よりは、審査基準が甘いです。

しかしそれはあくまで社会人である前提の話です。学生であれば、収入は社会人よりも少なく、当然貸し倒れのリスクもあります。ですので、いくら消費者金融が審査が甘いといえども、学生にとっては審査難易度は並ではありません。

また大手消費者金融は、イメージを良くするために広告費に多額の金額を投入しています。これは金利面に表れ、消費者金融の金利は他の金融機関では考えられないほどの高額金利で設定しています。学生が審査面と金利面で考えると、消費者金融は損が大きいかもしれません。

 審査は甘く、金利が低い学生ローン

各種金融機関の中で、最も審査基準が甘いのが学生ローンです。多くの金融機関では、審査の際に職場への在籍確認の電話をしますが、学生ローンでは在籍確認の電話がありません。

学生ローンでは、収入証明書を提出する必要もなく、多くは本人確認だけで審査完了です。つまりどの金融機関よりも、学生ローンの方が審査基準が甘いことが分かります。

そのうえ、金利は消費者金融よりも低く、返済額を節約できます。審査の甘さと金利の低さで見れば、学生ローンが最もコスパの良いローンと言えるでしょう。

◆アコムやプロミスよりも学生ローンの方が審査が甘い

前述のとおり、学生ローンはアコムやプロミスといった大手消費者金融よりも、審査が甘いです。理由は消費者金融は社会人を対象にしているのに対して、学生ローンは大学生や専門学生を対象にしています。

つまり融資をするターゲットが最初から違うのです。

消費者金融が審査が甘いというのは、社会人が申し込んだ際に審査が甘いと感じるだけのこと。学生であれば社会人のハードルはクリアできないので、審査が厳しいと感じるでしょう。学生ローンは大手消費者金融よりも審査が甘いです。

【こちらの記事もおすすめです】

 ローン利用初心者が学生ローンを利用する方法

はじめてローンを利用する学生なら、絶対に学生ローンを利用した方が良いでしょう。審査基準はやさしく、金利を抑えられるので、返済額を節約できます。では、利用方法をご紹介します。


①必要書類を揃える

学生ローンを申し込む際には、学生証本人確認証(免許証・保険証など)が必要です。申し込みの前にしっかり揃えておくようにしましょう。


②WEBで申し込む

学生ローンに申し込む際には、WEBで申し込むことをおすすめします。スマホかパソコンがあれば、申し込みから借り入れまでWEBで一括して行えます。誰かにローン利用をバレる心配もなく、すぐに申し込みが完了できるので、便利です。入力フォームに必要事項を記入して、送信すれば申し込み完了です。


③申し込み内容の確認の電話が来る

申し込みの際に記入した携帯に、学生ローンから申し込み内容の確認の電話がきます。本人確認を兼ねているので、質問されたことに丁寧に答えれば完了です。


④最短30分で審査完了

申し込み内容の確認ができたら、学生ローンは審査をはじめます。審査内容は提出された学生証と本人確認証を参考にして、本人確認をします。その後、金融信用情報データベースを参照し、金融事故の有無、現在の借り入れ状況を参照します。過去に金融事故もなく、借入も嵩んでなければ、審査完了です。少し窓口が混み合っている状況でも、30分程度で審査完了です。早いところでは5分で審査完了の学生ローンもあります。


⑤銀行口座を伝えれば即日融資可能

審査に通過したら、本契約をします。契約完了後は、借入金を受け取れます。銀行が営業している平日15時までであれば、即日融資も可能です。即日融資を希望する場合には、電話でその旨を伝えましょう。

学生ローンの「キャンパスであれば、平日17時まで即日融資に対応してくれます。15時を過ぎてしまったけど、即日融資してほしいという場合には、学生ローンの「キャンパス」が便利ですよ。

以上が申し込みから借り入れまでの一連の流れになります。

ローン利用がはじめての人であれば、融資金額の上限が20万円程度になるでしょう。しっかりと必要資料を用意して、丁寧に対応すれば問題なく融資を受けられるはずですよ。

もし即日融資を希望するのであれば、14時までには申し込みを完了させておくのがおすすめです。間に合わないようであれば、学生ローンの「キャンパス」が良いでしょう。平日17時まで即日融資可能なので、学校帰りに申し込んでも即日融資を受けられる可能性が高いです。

◆審査が通りやすい学生ローン3選!

①キャンペーンで金利が安くなる学生ローンの「アミーゴ」

学生ローンのアミーゴ

学生ローンを利用する際に、最重要なのは金利の安さです。低金利で融資を受ければ、返済額も減るので、大きな節約に繋がります。学生ローンの中で最も低金利で融資を受けられるのが学生ローンの「アミーゴ」です。

【学生ローンのアミーゴ利用条件】

融資金額 1万円~50万円
金利 実質年率14.40%~16.80%
利用条件 満20歳以上の全国の学生
融資受付時間 WEB申し込みなら24時間
利用時に必要なもの ①学生証
②本人確認証
(保険証・免許証など)
③銀行のキャッシュカード
即日融資 可能
審査時間 最短20分

学生ローンの「アミーゴ」であれば、最も高い金利が適用されても、年利16.80%と大手消費者金融よりも低金利で利用できます。ここからさらに色々なキャンペーンによって金利が低くなり、最低でも年間0.6%以上は金利が安くなります。年間10,000円以上も返済額が節約できるので、大きな差でしょう。

またWEBで申し込みから、融資まで一括で行えるので利用がバレる心配もないです。

もちろん銀行が営業している平日15時までに契約を完了させれば、即日融資も可能です。WEB申し込みであれば、学校の休み時間に申し込んで授業を受けている間に審査が完了し、すぐに借入金を受け取れます。

学生ローンで低金利を求めるなら、学生ローンの「アミーゴ」がおすすめです。

学生ローンのアミーゴなら、消費者金融よりも低金利で即日融資可能です。

学生ローンのアミーゴの公式サイトはこちら今すぐ即日融資を申し込めます

②海外旅行目的の借り入れで安くなる学生ローン「イー・キャンパス」

旅行

学生ローンの利用目的は人それぞれですが、もし旅行目的で借入をしたいのなら、学生ローンの「イー・キャンパス」がおすすめです。借入目的が旅行費用であれば、金利を安くなるキャンペーンを行っています。

【学生ローンのイー・キャンパス利用条件】

融資金額 1万円~80万円
金利 実質年率14.50%~16.50%
利用条件 満20歳以上の全国の学生
融資受付時間 WEB申し込みなら24時間
利用時に必要なもの ①学生証
②本人確認証
(保険証・免許証など)
③銀行のキャッシュカード
即日融資 可能
審査時間 最短30分

学生ローンの「イー・キャンパス」の金利は年間14.50%~16.50%です。金利が安い学生ローンの「アミーゴ」よりもさらに低金利で、融資を受けられます。

もちろん学生ローンの「イー・キャンパス」も、申し込みから借り入れまでWEBで完結できるので、実店舗に行く必要もなく、全国どこからでも利用が可能です。

学生ローンの「イー・キャンパス」の最大のメリットは、旅行目的で借入をすると、金利が安くなるキャンペーンを実施しているところです。借入目的を「海外旅行」に設定し、証明書を提出すれば金利が15.5%になります。もし2度目の融資の際にも海外旅行目的であれば、金利はさらに14.5%まで下がります。

海外旅行目的であれば、銀行系カードローン並みの低金利で融資が受けられます。旅行好きが融資を受けるなら、学生ローンの「イー・キャンパス」がおすすめです。

海外旅行目的なら、学生ローンのイー・キャンパスが金利を抑えられます。

③学校帰りでも即日融資可能な学生ローン「キャンパス」

学生ローンを利用する際に、最重要なのは即日融資が可能がいなかという点でしょう。直近に支払いが迫ったものは、その日のうちに解決しておきたいもの。しかし多くの学生ローンは銀行が営業している平日15時までに契約が完了しないと、即日融資が不可能です。そんなデメリットを解消してくれるのが学生ローンの「キャンパス」です。なんとゆうちょ銀行があれば平日17時まで即日融資が可能なんです。

【学生ローンのキャンパス利用条件】

融資金額 1万円~50万円
金利 実質年率14.40%~16.80%
利用条件 満20歳以上の全国の学生
融資受付時間 WEB申し込みなら24時間
利用時に必要なもの ①学生証
②本人確認証
(保険証・免許証など)
③銀行のキャッシュカード
即日融資 可能
審査時間 最短30分

学生ローンの「キャンパス」の金利は16.80%。多くの学生ローンとほぼ一緒の金利ですね。キャンペーンを利用すればこの金利はさらに下がります。特に女性の申し込みや採用が決定した就活生は最大1%以上も金利が下がるので、返済額を節約できます。

もちろんWEBで申し込みから借り入れまで一括完了なので、店舗に行く必要もなく、利用がバレる心配もありません。合間の時間に申し込みをして、融資を受けることができます。

学生ローンの「キャンパス」の最大のメリットは、即日融資可能の時間が他の学生ローンよりも長いことです。もしゆうちょ銀行の口座を持っていれば、17時まで即日融資が可能です。午後の授業を終えてから申し込みをしても間に合うので、うれしいですね。

午後を過ぎたけど、どうしても即日融資をしてほしいという方には学生ローンの「キャンパス」がおすすめですよ!

学校帰りに即日融資を希望するなら、17時までOKな学生ローンのキャンパスが便利です。

【こちらの記事もおすすめです】