【バレる?】大学生で借金するのってやばい?それとも普通?

広告



大学生で借金をするのはやばいのでしょうか?実は大学生で借金をするのはいたって普通なことです。実際、大学生の半数以上が奨学金という名目で借金をしていますし、消費者金融の利用者のうち7%が大学生です。ここではやばくない借金方法をご紹介します。

広告

◆大学生で借金をするのはやばいのか?

学習院大学

大学生は学生です。人生のモラトリアム期間とよく言われますが、 実は人生の中で最もお金がない時期 かもしれません。特に一人暮らしをしている大学生にとっては、アルバイト代だけで生活するのは大変です。では大学生で借金をするのはやばいのでしょうか?

①大学生で借金をするのは実は普通

 実は大学生で借金をするのは至って普通 です。多くの金融機関では、満20歳以上であれば誰でもローンに契約を出来ます。大学生が借金をしても、違法でもないですし、別に異端でも何でもありません。

では大学生が借金をするのが何となくやばい感じがする理由とは何なのでしょうか?理由は単純で、成人したとはいえども大学生はまだ子供だという認識があるからです。子供は保護者に守られる存在です。当然、大学生も保護者に守られる存在なので、守られているうちに借金をするのは、親にも申し訳ないし、何となくかっこ悪い気がするからです。しかしそういったものは、気がするだけで、 実際のところ誰も気にしていません 

前述のとおり、多くのローン商品は満20歳以上から契約できます。もちろん契約の際には、親の承諾も必要ありません。ですので、金融機関も社会全般も大学生がローンを契約することに関して、何も咎めたりもしないのです。大学生でもローンは利用して大丈夫です。大切なことはしっかりと計画的に返済をすること。それだけです。しっかりと返済をすれば、お金の大切さもわかりますし、いい社会経験になります。 お金がないことを悔やむのは、お金のピンチを克服してからでいい のです。お金がないことを悔やんだり、悩んだりしている時間があるのなら、さっさと解決して、自分の成長できる方向に進んだほうが10年後絶対に得ですよ!

②大学生で借金をする割合は全学生の半数以上

 実は大学生のうち半数以上が借金 をしているのです。大学生の多くは奨学金を利用しています。返済不要な奨学金もありますが、これは各大学が設ける基準を突破した学生のみ。9割以上が返済する必要がある奨学金を利用しています。奨学金は学生の半数以上が利用しているので、借金のように感じませんよね?しかし奨学金は大学卒業した瞬間に返済義務が発生するれっきとした借金です。多くの学生は奨学金の返済額が数百万円以上となっています。これを会社で稼いだお金の中から少しずつ返済していくのです。

奨学金の例からもわかる通り、大学生の半数以上が借金をしています。中には奨学金の他にも、アコムやプロミスといった消費者金融でお金を借りている大学生も多いです。えっ?消費者金融でお金を借りている同級生を見たことがない?そりゃそうです。自ら借金をしていることを公表する人なんて誰もいません。しかし 消費者金融を利用する人の中で大学生の割合はなんど7.8% にもなります。全体の約10%が大学生の利用者なのです。近年ではさらに大学生が消費者金融を利用する割合が増え、数年後には10%以上が大学生の利用者ともなると言われています。

教室にいる半数の学生が何かしらの借金をしていると考えて大丈夫です。借金をするのは何も悪いことではなく、誰でも一度は利用するものです。大切なことはしっかりと返済すること。これさえ出来れば、何も怖くないです。

③大学生で借金をする理由は借金がバレないから

奨学金を除いて、大学生の借金利用が年々増えています。

高田馬場のある大手学生ローン業者の顧客数は、2010年代初めまでは減少傾向にあったが、ここ2〜3年で増加に転じた。早稲田大学のおひざ元だが早大生の顧客比率は徐々に下がっており、今では1%ほどだという。東洋経済オンラインhttp://toyokeizai.net/articles/-/180732

東洋経済オンラインの記事でも記載があるように、高田馬場にある学生ローンは近年売り上げを伸ばしています。本来は早稲田の学生を中心に営業をしていた学生ローンですが、現在では早稲田のみならず、多くの学生が手軽に学生ローンを利用するようになりました。理由は学生ローンはローン利用がバレないからです。

 学生ローンは、審査が非常に通過しやすい 特徴があります。審査基準は消費者金融よりもやさしいですし、アルバイト先への在籍確認もありません。もちろん親の承諾も必要なく実家に郵送されるものもないので、 ローン利用が絶対にバレない ようになっています。そのうえ、消費者金融でお金を借りるよりも金利が安く、返済額も節約できます。まさに大学生にとっては、学生ローンはお金に困った時の頼りになる助っ人なんですね。

【こちらの記事もオススメ!】

こちらの記事では、親や友人アルバイト先の誰にもバレずに学生ローンを利用する方法をご紹介しています!

◆大学生が借金をするためのやばくない方法

学生ローンで審査を有利に進める方法

ではローン利用を考えている大学生がどのようにすれば、やばくないのか方法をご紹介します。

①消費者金融系は利用がバレるのでやばい

ローンや借金をしようと考えた時に、一番最初に思い浮かべるのが消費者金融でしょう。 実は消費者金融が最もやばい借金方法 なのです。

消費者金融は借金をしていることが最もバレやすい利用方法です。まず審査の際には、アルバイト先に在籍確認の電話がいくので、借金利用がアルバイト先にバレます。次にローン専用のキャッシュカードが社名が記載された封筒で郵送されるので、実家暮らしの大学生には親にバレます。悲しいことに本人限定受取郵便で届くので、 自分が不在の時は絶対に家族の誰かが直接受けとる ことになってしまうのです。

金利も高く、借金利用が最もバレやすい消費者金融はCMの雰囲気に流されてはいけない借金方法なのです。

②銀行系カードローンは審査が通らないのでやばい

金利面で考えると銀行系カードローンにまさる借金方法はありません。金利が低ければ、返済額が減るので、思わぬ節約につながります。

しかし銀行系カードローンは審査に通らないのでやばいです。銀行の審査はローン関係では最も厳しく、「お金を持っている人にしか融資はしない」と言われるほどです。さらに 審査も非常に時間がかかるので、即日融資は夢のまた夢 。今すぐお金が欲しいという時ではなく、いまあるお金をさらに増やしてチャンスを掴みたい時に借りるのが銀行系カードローンの使い方です。

銀行系カードローンでも審査の際には、アルバイト先に在籍確認の電話があります。また本人限定受取郵便でローン専用のキャッシュカードが郵送されます。銀行系であれば、封筒に銀行名が記載されているだけなので、見られても消費者金融ほどダメージはないでしょう。しかし借金利用がバレやすいのは変わりません。

③学生ローンはバレないし、審査も通りやすいのでやばくない

良い意味でやばいのが学生ローンです。前述のとおり、 学生ローンは審査が消費者金融よりも圧倒的に通りやすい です。元々学生を対象にしたローンであるし、融資金額も少なく貸し倒れのリスクが少ないので、審査基準を低く設定していても大丈夫だからです。

さらに学生ローンであれば、アルバイト先に在籍確認の電話が行くこともなく、ローン専用のキャッシュカードが自宅に郵送される際には、個人名記載の封筒で届きます。つまり 学生ローンは借金利用が非常にバレにくいローン なのです。

もちろん欠点としては、融資金額が約20万円までのところが多い部分。しかし大学生であれば20万円も融資してもらえたら十分ですよね。さらに即日融資も可能ですし、審査時間は20分程度です。利用しやすいさはやばいですよね。

まとめ

大学生が借金するのはやばくないです。半数以上の大学生が借金をしていますし、消費者金融の利用者のうち、7%が大学生です。 実に多くの大学生が借金をしている ことになります。ここで注意をしたいのは、借金をするのであれば審査に通過しやすく、借金利用がバレにくいローンを選ぶこと。消費者金融は借金がバレやすいし、銀行系カードローンは審査に通りません 最も賢い選択肢は学生ローンを利用すること 。もし借金がやばくて、借りるのが怖いと考えているのであれば、学生ローンを検討してみてはいかがですか?

【こちらの記事もよく読まれています】

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする