sponsored


パワーストーンは定期的に浄化をすると本来のパワーを取り戻す!?

パワーストーンは太古の昔から、神秘的な力によって人間の夢や願い事を成就させてきました。大きなエネルギーに溢れているパワーストーンも時間や念の大きさによっては、疲弊してしまいます。定期的な浄化を行うことで、石本来のエネルギーを取り戻し、いつまでも神秘的なパワーを発揮してくれるようになります。

sponsored


◆パワーストーンには浄化が必要?

パワーストーンは購入してすぐに身に着けてしまうのはNGってことを知っていましたか?実はお店や通販で購入したパワーストーンをそのまますぐに身に着けてしまうと悪い気を呼び寄せてしまう可能性があるんです。パワーストーンの概要と身に着ける前の浄化方法を知ることで、より効率的にパワーストーンのエネルギーを引き出しましょう。

●パワーストーンってなに?

パワーストーンとは、長い年月をかけて自然の中で育まれた天然石のことを指します。成分としては通常の石と大きく異なる部分はありませんが、長い歴史の中で何度も神秘の力で人々の願いを叶えてきたことから、不思議な力が宿った天然石をパワーストーンと呼ぶようになりました。

パワーストーンの歴史は、ヒトが石を使い始めた250万年前にさかのぼります。当時、ヒトは洞窟に石を混ぜた絵具で絵を描いて、祈りを捧げてきました。旧約聖書や古代の中国医学書には、病気やケガの治療に天然石を利用していた記述が残っています。それから時代が経過し、天然石は日常生活には欠かせない道具なり、ピラミッドや神殿など、神聖な場所や儀式にも使用されてきました。

パワーストーンを身に着けることで、太古の昔から蓄えられた自然のエネルギーを感じることができます。

●パワーストーンに浄化が必要な理由

パワーストーンには定期的な浄化が必要な理由が2つあります。

1.悪い気がたまると「呪いの石」にもなってしまう

パワーストーンには長い年月をかけて、大きなエネルギーを蓄えているので、身に着けることで、私たちにもそのパワーを感じるとることができます。反面、パワーストーンには悪い気を吸収してくれる作用があります。悪い気を吸収しすぎた石は、エネルギーが落ちてしまうばかりか、身に着けている私たちにも吸収した悪い気の影響を及ぼしてしまい、「呪いの石」へと変化してしまう可能性があります。

2.悪い環境に放置されたままだと、悪い気の発生源になってしまう

前述の通り、パワーストーンには悪い気を吸収する作用がありますが、限界があります。限界を超えた石は周囲にも悪影響を及ぼしてしまうのです。また悪い気は悪い気を呼び込んでしまうので、悪影響となるものが増幅してしまう可能性があります。悪い気を吸収したパワーストーンは定期的に浄化を行うことで、元の力を取り戻すことができます。

●パワーストーンを購入したら、まず浄化をしよう!

お店や通販でお気に入りのパワーストーンを購入したら、身に着ける前に浄化をするところから始めましょう。お店や通販で並んでいたパワーストーンは、不特定多数の人の手に触れ、多くの念を吸収している可能性があります。石そのものが疲弊している可能性があるので、まずは浄化させることで、本来のパワーに戻してあげることが大切です。

浄化方法は天然塩を水で薄めた塩水に一晩寝かしておく方法が最も効果的だと言われています。一晩空けたら、真水でよく洗い流すようにします。中には塩分によって変色してしまう石もあるので、そのような場合には流水で洗い流すだけでも大丈夫です。

身に着ける前には、プログラミングと呼ばれる叶えたい願望を石に込める作業を行います。しっかりと叶えたいイメージを頭に思い浮かべて、パワーストーンに念を込めましょう。

◆パワーストーンの浄化方法

パワーストーンの浄化方法をご紹介します。パワーストーンの浄化方法には、初級者編と中級者・上級者編の大きく二つに分けられます。どの浄化方法を採用しても、しっかりパワーストーンが浄化されて、元のエネルギーを取り戻してくれますよ。自分に最適な浄化方法を見つけて、あなたのパワーストーンの本当のエネルギーをよみがえらせてあげてください!

●パワーストーンの浄化方法<初級者編>

【塩や塩分につける―無に戻すお清め法―】

塩や水のお清めのパワーを利用して、パワーストーンを浄化させる方法です。使用する塩はなるべく天然塩を利用した方がより効果的です。お清め用の塩1つまみで作った塩分水の中に石を入れて、一晩おきます。翌日流水で洗い流すだけでOKです。中には塩分によって、変色してしまう石もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

―適さない石―

・アンバー ・カルサイト

【流水をあてる―清水で洗い流す―】

清らかな水のパワーを利用して、悪い気を洗い流す浄化方法です。流水で1分ほど、石を洗い流すようにしましょう。湧き水や天然水が理想ですが、水道水でも代用可能です。中には流水が適さない石もあるので、事前に調べておきましょう

―適さない石―

・ターコイズ ・ヘマタイト

【日光浴―太陽エネルギーで浄化―】

太陽は生物全てに生きるためのエネルギーを与えます。パワーストーンも生き物ですので、当然、日光浴をすることで、元気を取り戻します。理想的な日光浴は日の出から午前11時まで。難しい場合には、午前中1時間を日光浴に利用しましょう。太陽光には強い紫外線があるので、紫外線に弱い石には適さない浄化方法です。

―適さない石―

・セレタイト ・ローズクォーツ

【月光浴―満月に近いほど効果的―】

満月の日には月光浴をさせてあげましょう。月光浴は浄化というよりも、休養に近い効果があります。特に月に関係があるパワーストーンには効果的な休養方法で、より元気を取り戻してくれるでしょう。やり方は月の光が出ている時に窓際に一晩置いておくだけで大丈夫です。

―適さない石―

特になし

●パワーストーンの浄化方法<中級者・上級者編>

【植物の近くに置く―癒しと循環作用で浄化―】

植物の近くに一晩置くだけで浄化ができます。植物には二酸化炭素を吸って、酸素を輩出する天然の空気清浄器です。植物そのものに強い生命力があるので、そばに置いたパワーストーンもその生命力を吸収して、より強いエネルギーを蓄えることができます。

―適さない石―

特になし

【音を聞かせる―美しい音から出る波動で浄化―】

チベット仏教の儀式で見られるシンギングボウルやクリスタルボウル、音叉や鈴、美しい音楽を聞かせることで、石を浄化させる方法です。石の近くで美しい音を聞かせるだけで大丈夫です。良い音は空気そのものを浄化させる効果あるので、癒しやエネルギーを蓄えるのに効果的だと言われています。

―適さない石―

特になし

【土に埋める―自然に帰してパワーチャージ―】

石の曇りがなかなかとれない場合には、土の中に埋めて自然の姿に帰してあげましょう。静かな環境にある自然の土のなかであれば、浄化をすることができます。地中深くに埋める必要もありません。一晩埋めて、翌日に洗い流してあげるとスッキリした状態んび戻ります。

―適さない石―

特になし

【セージの煙をあてる―古来より伝わる方法―】

セージというハーブの葉を燃やした煙をくぐらせることで、石を浄化させる方法です。ネイティブアメリカンの中では古くから行われていた浄化方法です。特に水や塩に弱い石には最適な浄化方法です。浄化の際には、より強い浄化力を持つホワイトセージがおすすめです。

―適さない石―

特になし

【クラスターに置く―万能の石クリスタルに置く―】

クリスタルのクラスターには、優れた浄化能力があるので、1日から2日ほどクラスターの上や横に置いておくだけで浄化が完了です。最も浄化が効率的に行える方法ですので、本格的に浄化をしたい方にはおすすめです。クラスター自体には、自浄能力があるので、定期的な浄化の必要はありません

―適さない石―

特になし

●こまめな浄化が効果を持続させるコツ

パワーストーンは環境による汚染や、日々の念によって徐々に疲弊し、悪い気がたまっていきます。これらのマイナスエネルギーは、石のエネルギーを弱めてしまうばかりか、身に着けている人の周囲にも悪い気を引き寄せていしまう危険性があります。ですので、定期的に石にたまった悪い気を浄化し、休養を与えることで、石本来のエネルギーを取り戻してあげることが大切です。

浄化のタイミングは、1日に1回が理想ですが、なかなか忙しい毎日のなかでそんなに浄化するのは難しいでしょう。ですので、最低でも1ヶ月~3ヶ月に1度は集中的に浄化をしてあげることで、いつまでも石が元気になり、強いエネルギーを保ってくれるようになりますよ。

◆パワーストーンを浄化した時のQ&A

パワーストーンは浄化することで、時に変色したり、壊れたり、消えてしまうことがあります。石が変化してしまうことは悲しいですが、実はこれはパワーストーンがあなたの周りに蔓延していた悪い気を吸収してくれた証。パワーストーンの特性を理解することで、よりよいパワーストーンとの付き合い方ができるようになりますよ!

●パワーストーンを浄化したら変色した!?

パワーストーンを浄化することによって、石が変色することがあります。石が浄化前よりも明るく、綺麗になったような気がする場合は、浄化によって石の力が強まり、石のグレードが高くなったと考えられます。たとえ、購入時は安価な石でも、丁寧に浄化をしてあげることで、石そのもののエネルギーを引き上げることができます。

石の色が曇っていたり、磨いても輝きが取り戻せない場合は、持ち主の災難や悪い気を石が十分に吸収してくれた証です。もしかしたら病気や困難の暗示している場合もあるので、注意深く自分の身の回りを振り返ってみると良いでしょう。

また日光浴や塩分水によって浄化した翌日に、変色している場合もあります。この場合、浄化した石が太陽光や塩分に弱い石だった可能性があります。浄化方法には向き、不向きがあるので、事前に確認をするようにしましょう。

●浄化をしたらパワーストーンが壊れた

浄化している最中や、浄化後にパワーストーンのネックレスやブレスレットが切れてしまったり、壊れてしまうことがあります。これは石があなたの身代わりになってくれたのだ、と解釈しましょう。違うパワーストーンに代える際には、しっかり感謝を込めて土に反してあげましょう。

またその石を使用したい時には、庭やプランターなどに3ヶ月程度埋めておくようにしましょう。3ヶ月後にしっかりと土を洗い流してあげると、見違えるのように綺麗な石になっていることがあります。しっかりと休養できた石は、以前にも増してあなたにパワーを与えてくれることでしょう。

●パワーストーンをなくしてしまったら?

浄化の最中や浄化後にふと、パワーストーンの姿が見えなくなってしまうことがあります。これは石に大きな負担がかかったことによって、姿を消してしまったのです。あなたの周りで蔓延していた悪い気や、降りかかる災難を事前に防いでくれていた証とも言えます。

石が消えてしまったので、何か悪い予兆ではなく、あなたを災難から守ってくれたのです。縁があればあなたの元に舞い戻ってきますし、戻らない場合でも遠くからあなたのことを見守っていてくれます。そのときは新しいパワーストーンを見つけて、身に着けるようにしましょう。新しいパートナーがあなたを守ってくれますよ。

◆パワーストーンは定期的に浄化しましょう!

パワーストーンは、あなたにとって悪いことが起こった時や、石が変色したりにごりを感じた時にこまめに浄化をするようにしましょう。常にパワーストーンの浄化を行い、石本来のエネルギーを蓄えておくことで、より効果w感じられたり、幸運が舞い込んでくるようになりますよ!ではこの記事をまとめてみましょう。

・こまめに浄化をすることで、石本来のパワーを発揮できる!

・石が変色したり、濁ったりしたら浄化するタイミング

・最低でも1ヶ月~3ヶ月に1回は浄化をしよう!

・パワーストーンの変化はあなたを悪い気から守ってくれた証

パワーストーンを良く知って、より素敵な未来にしましょう。

スポンサーリンク
sponsored


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする