sponsored


パワーストーンの浄化といえば塩?浄化(お手入れ)方法を紹介!

パワーストーンの浄化方法としてポピュラーな塩は、本当にパワーストーンにとって最適な方法なのかを解説します。

sponsored


パワーストーンに塩。浄化方法として一般的な方法は本当に正しい?

パワーストーンの浄化方法でポピュラーな塩を使用する方法は、本当に正しいのか、どんな塩を使用すればいいのかなどを解説します。

①塩でパワーストーンを浄化(お手入れ)することはできる?!

塩を使用してパワーストーンを浄化(お手入れ)する方法は、ごく一般的な方法のように感じますが、実はそうでもありません。確かに塩は浄化できる強いパワーがあることは事実ですが、塩のパワーによってパワーストーンが持つパワーそのものを浄化させてしまうこともあるようなので、塩を使用したパワーストーンの浄化は、慎重に行うことが大切です。
塩にはマイナスのエネルギーを吸い取る効果があるので、強くマイナスのエネルギーを得てしまったという時は、充分な効果を発揮させることができるので、パワーストーンに使用する時には、上手に使用するようにしましょう。

②どんな塩を使用すればパワーストーンを浄化させることができる?

パワーストーンの浄化に使用する塩は、調理に使用する食塩ではなく、天然塩を使用するようにしましょう。調理で使用する塩以外なら、特にこの塩を使わなくてはいけないというキマリはありません。
パワーストーンの浄化に使用した塩は、調理や他の目的で使用するのは控え処分するようにしましょう。マイナスのエネルギーをたっぷりと吸い込んだ塩は、よく考えると使う気分になれないと思います。その気持ちを大切にするようにしましょう。

③塩を使用して行うパワーストーンの浄化方法とは?手順を紹介

塩を使用して行うパワーストーンの浄化方法は簡単です。一番オススメの方法は、パワーストーンに何度か振りかけてパワーストーンを清める気持ちで行うことです。この程度の浄化でもしっかりとマイナスのパワーを塩が吸い取ってくれますし、パワーストーン本来のエネルギーを塩が吸い取ってしまう心配がありません。
塩でパワーストーンを浄化したら、クラスターなどを使用してパワーストーンのパワーを高めることを意識した浄化もセットで行うようにすると最強です。

②塩を使用して浄化(お手入れ)するのに適しているパワーストーンとは?

パワーストーンの中には、塩を使用して浄化するのに適しているものと、そうではないものがあるので注意点も交えて解説します。

①塩を使用して浄化するのに適しているパワーストーンはこれ!

塩を使用して浄化するのに適しているパワーストーンは、実はあまりありません。塩でパワーストーンを浄化する時は、他の浄化方法を実践しても効果がない。浄化できていないと感じてしまった時にのみ行うようにする方がパワーストーンにとっては間違いないです。常に塩を使用してパワーストーンを浄化するのはあまり良い方法ではないということを覚えておくと良いと思います。

②塩を使用して浄化するのに適していないパワーストーンはこれ!

塩を使用して浄化するのに適していないパワーストーンは、塩分に弱い石です。どんなパワーストーンが該当するのかというと、オパールやターコイズ、マラカイト、ヘマタイト、アンバー、カルサイト、フローライトなど数多くあります。またパワーストーンそのものはそれほど適していない訳ではありませんが、金属などを使用している場合は、塩での浄化は適さないので注意が必要です。

③塩を使用してパワーストーンを浄化(お手入れ)する時の注意点とは?

塩を使用してパワーストーンを浄化(お手入れ)する時の注意点は、塩に適していないパワーストーンには使用しないことです。塩を使用して浄化する場合は、どのパワーストーンでもあまり必要以上に塩と触れ合わないようにすること。そして浄化を終えた塩を別の目的で使用しないことです。塩はマイナスのエネルギーをしっかりと吸収してくれます。だからこそ塩の取り扱いには充分に配慮する必要があります。

まとめ

塩を使用してパワーストーンを浄化するのは、どのパワーストーンにも適するわけではありません。逆効果になってパワーストーンを傷つけてしまわないように正しい知識の元でパワーストーンの浄化を行いましょう。

スポンサーリンク
sponsored


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする